さんぽLAB

記事コラム

ARM_運営事務局
2022/07/20 10:46

アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)とは?職場での事例と対策方法をご紹介

無意識の偏見や思い込みを指す「アンコンシャス・バイアス」とは、先入観によってものの見方が偏ってしまうことをいいます。アンコンシャス・バイアスは日常の些細な言葉や行動に含まれるため、自分では気づかずに誰かにストレスを与えてしまうおそれがあります。

従業員の多様性を活かして業績向上を目指す「ダイバーシティ」が推奨される現代において、アンコンシャス・バイアスは重要課題のひとつです。この記事では、職場におけるアンコンシャス・バイアスの事例やその対策方法をご紹介します。

CONTENTS


1.アンコンシャス・バイアスとは何か?
2.職場でのアンコンシャス・バイアスとは?
3.研修を実施しダイバーシティを推進
4.まとめ


アンコンシャス・バイアスとは何か?

アンコンシャス・バイアスとは、先入観や思い込みによって偏った見方をしてしまうことを指します。自分自身では気づかない無意識の偏見であり、特に女性や若者、マイノリティ(少数派)に対して現れやすい現象です。

●アンコンシャス・バイアスの具体例
・女性や若者に対して高圧的な態度をとる
・責任の大きな仕事は男性がやるものと考えている
・マイノリティを無視した言動をとる
・相手の性別や年齢で態度を変える
・血液型で相手の性格を想像する

つづきを読む

出典

アドバンテッジJOURNAL
アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)とは?職場での事例と対策方法をご紹介

ハッシュタグを押下して関連ページを検索↓

いいね いいね
この投稿を共有する
閉じる
返信する